Pachelbel Street

パッヘルベル関連年表

目次に戻る

西暦年
パッヘルベルのできごと日本史・世界史
1648★ ドイツの人口が1800万人から700万人に激減したといわれる30年戦争が終わる
165309月 ニュルンベルクでワイン商の息子として生まれる
★ 聖ロレンツ教会学校に入学、ヘンリッヒ・シュヴェマーから基礎理論を、G.C.ヴェッカーから楽器演奏と作曲法を習う
13★ 既にオルガンの演奏をしている(アルトドルフ)
166915★ 6/29 アルトドロフの大学に入学
★ 親からの仕送りが途絶え、退学
167016 ★ 春 レーゲンスブルグのギムナジウム・ポエティクムに入学、カスパール・プレンツに師事
1673 ★ シュテファン大聖堂(ウィーン)の次席オルガニストになる
★ ヨハン・カスパール・ケルル(Kerll)に師事
167723★ 5/4 アイゼナハの宮廷オルガニストに就任
★ J.S.バッハの伯父の家に寄宿
1678246/19 プレディガー教会(エアフルト;アイゼナハの近く)のオルガニストに就任、バッハ一族と親交を結ぶ
1679★ J.S.バッハの父アンブロシウスに雇われ、長男ヨハン・クリストフに音楽教育をする
1680★ 綱吉が徳川第5代将軍に
168128★ 10/25 バルバラ・ガブラーと結婚
168330★ 9月 夫人と息子をコレラでなくす
★ 変奏付きコラール曲集「Musical Thoughts on Deth」を発表
168431★ 9/24 ユディット・ドルマーと再婚、5人の息子と2人の娘を授かる
ウィルヘルム・ヒエロニムス(長男)ニュルンベルクで、パッヘルベルの後継オルガニストとして31年間活躍
カール・テオドール作曲家。アメリカに渡る。
(別の息子)楽器職人
ヨハン・ミヒャエル音楽画・エッチング作家
1688★ イギリスで名誉革命
★ 元禄元年
169036★ 8/1付 シルビラ公爵夫人の後援のもとに、ヴェルテムベルク宮廷(シュトゥットガルト)の音楽家・オルガニストに就任
★ 8/15 プレディガー教会の職を離れる
169239★ 秋 フランス軍侵攻のためシュトゥットガルトを去る
★ 11/8 ゴータ市のオルガニストに就任
★ オクスフォードのオルガニスト就任の要請を断る(ニュルンベルクに帰ることを視野に入れていたらしい)
169441★ 11月 オールドルフで行われた結婚式で、アンブロジウス・バッハらと弦楽曲を共演
169542聖ゼーバルト教会(ニュルンベルク)のオルガニストに就任
★ 「Magmificat Fugues」の作曲を始める
1699★ 「Hexachodum Apollinis」発表
1702★ 赤穂浪士、吉良邸に討ち入り
1706523/3 ニュルンベルクにて死去
1750★ 息子カール・テオドール、アメリカにて死去
1929★ マックス・ザイフェルトが「カノンとジーグ ニ長調」を編集し、オルガヌム社より出版
1940★ アーサー・フィードラー・シンフォニエッタによって、「カノン」が初録音される
1960年代前半★ カール・ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団が「カノン」を録音、脚光を浴びる
1968★ ギリシャ出身のアフロダイツ・チャイルドが「涙のカノン」をヒットさせる
★ ポップ・トップスが「Oh Lord, Why Lord」をヒットさせる
1969★ フランス映画「夫婦」(ベルナール・ポール監督)で「カノン」を使用
出典:
各CDのライナーノーツ
「パッヘルベル:室内楽曲集」 プロ・アルテ・アンティクア・プラハ (ポニーキャニオン, PCCL-00308, 1996)
「PACHELBEL: MUSIC FOR ORGAN」 WERNER JACOB (Virgin Classics, VC 7 5917 2, 1993)
「PACHELBEL: COMPLETE ORGAN WORKS, VOL.1」 ANTONIE BOUCHARD (DORIAN RECORDINGS, 1999)
「PACHELBEL: CANON」 THE ACADEMY OF ANCIENT MUSIC/HOGWOOD (L'OISEAU-LYRE, 443 201-2, 1991?)
「バロック派のポップ・クラシック」 (PHILLIPS, 23PD-54, 1991)
「バッハ」 樋口隆一 (新潮文庫, 1985)

目次に戻る


Produced by Hideo Tsukamoto