Pachelbel Street Forum 議事録 [ 2001年12月 ]

<< 前の月へ

「ムーンライト」詳報

つかもと 2001年12月1日<土>23時11分

CDを amazon.co.jp で購入しました。
 演奏者名: テレジア  タイトル: ゴスペルウーマン
 発売元: テクノデザイン (TZCX-1004)
ライナーノートにはほとんど歌詞しか書いていないので、テレジアというグループに
ついての詳細は不明。ボーカルは Miho Ebisu さんだということくらい。
時々ラップの入る感じは、NUUさんのカノンに似ていると思いました。

困ったことだ

Fujita さん 2001年12月5日<水>16時28分

この間こちらの地方で始まった『クラシック解体新書』(スタジオは大阪のシンフォニーホール、テーブルは本物のチェンバロという剛毅な番組)の第1回(「身近にあるクラシック」)において、指揮者の金聖響氏がケータイの着メロの「カノン」を流すと、長原成樹が「あ、この曲知ってるわ!」と言って山下達郎の名前を挙げました。
TKOの木下隆行は知ってたぞー(私はこの木下のおかげで、「パッヘルベルのカノン」という標題を知りました)。

チェロのソロ

みお さん 2001年12月6日<木>09時45分

はじめまして。
チェロのソロによるカノンが入っているCDってありますでしょうか。あるいはヴァイオリンのソロ。
ご存知でしたら教えてください。

指揮できるのか、

ボム助 さん 2001年12月9日<日>17時06分

初めまして、
ブラボーミュージック」というクラシックを指揮者をするするゲームのクリスマスバージョンに、カノンが入っていました。しかし…買う金がない。

近況報告

ひろゆき さん 2001年12月10日<月>22時29分

▽またも『クリスマス・イブ』
shelaさんの『pink』というマキシシングルの二曲目に入っている
クリスマス・イブも山下達郎ので、間奏のカノンの部分は、
なんと思いっきり弦楽演奏で入っていました。
ちなみに、一曲目の『wish』の出だしも一瞬カノンかと思った‥‥。

▽圓城三花のカノン
僕が初めて聞いた市販されているカノンである(と思われる)、
圓城三花さんのカノンのCDをついにYahoo!オークションにて落札しました!
当時アーティスト名もわからなかったこのCDを探すために
カノンのCDを集め始めたのが最初だった。
つかもとさんには及ばないにしても
今では僕のカノンコレクションも100枚をとっくに突破してますし。
アーティストが判明して探しつづけて二年と少し。
入金も済ませたので、もうすぐ届くはず♪
ちなみにつかもとさんのコレクションの55番のCDです。

▽最近のCD
深田恭子、ビートルズ、トランスナイト、ゴスペルウーマンなど、
ここで紹介されたものを片っ端から買ってみました。
なかでも、トランスナイトはすごく気に入りました。
あんまりトランシーじゃないトランスが多い中でこのCDは良かったです。
音色いじくりまくってて良い感じ。

▽ブラボーミュージック
ボム助さんのお知らせの通り、
『ブラボーミュージック クリスマスエディション』に入ってますね。
そう言うソフトですから指揮できるはずですよねぇ‥‥。
http://www.scej.jp/bravoes/xmas/index.html

第一弾の方のCMではバッハさんがいじけてましたが、
クリスマスエディションには入りましたね。(笑)

欲しいソフトもある程度溜まってきたし、
そろそろPS2も買いどきなのかな‥‥。
‥‥でも、金がねぇ‥‥。
http://www.kanon.mu

Re:指揮できるのか

Fujita さん 2001年12月11日<火>14時19分

そうかクリスマス版に入ったか。しかし僕はどうもカノンとクリスマスがいまいち結びつかん。山下達郎の影響かなぁ。
しかし「ザ・マエストロムジーク」でも「カノン」はアペンドディスクの収録だったんよな。なんか悲しい。

初カノン

はるちゃん さん 2001年12月11日<火>14時48分

今日、初めてカノン聞きました。             いい曲ですねー。自分の世界に入ってしまいました。    もっとたくさん聞いてみます。

管理人様のCDコレクションより・・

ゆーき さん 2001年12月11日<火>16時44分

CDコレクションのコーナーで紹介されていた
「カノン100%〜パッヘルベルのカノンによる天然果汁の詰合せ」と、
「パッヘルベルのカノン・オンパレード 」を買って聴いています。(聴きまくっています!!)
こ〜んなにたくさん、カノンばかり聴いているのになぜか飽きない!!
ん〜っ、不思議な曲ですねぇカノンって。。

私的にはピアノ演奏によるカノンが好きなので、
今度は、David LanzさんのCDを買ってから聴いてみましょ。

それでは。

Re: 近況報告

hide-w さん 2001年12月11日<火>23時34分

近所のブックオフの有線で偶然「クリスマス・イブ ver.4 ?」と「出だしがカノンにそっくりの歌」を聞きました。2曲ともかなりいい感じだったので、気になっていましたが、ひろゆきさんの書き込みで両方とも解決 ― しかも一枚のCDで(^^ ― しました。どうもありがとうございます。

shela さんはお気に入りの歌手なんですが、久しぶりなので分かりませんでした。きれいな声だけどあまり特徴ないかも・・・

トランスナイトは探しているのですが、なかなか見つかりません。やはり注文しないとダメみたいです。ところで、店で探すとき、クラシックコーナーかトランスコーナーか迷いますね(^^;

レーデルの3種のカノン

感音 さん 2001年12月14日<金>09時19分

はじめまして。私の愛聴している演奏は、30年ほど前に購入したクルト・レーデル指揮ミュンヘン・プロアルテ室内管弦楽団の弦楽合奏版のLPレコードのものです。レーデルの演奏は、CDで1964年のものと1994年のものも所有していますが、レコードのものは録音がいつなのか表記されていません。どなたか教えてください。レーベルはエラートで、シャコンヌ へ短調(弦楽合奏版)も入っています。どちらも名演奏だと思います。よろしくお願いします。

David LanzさんのCD

孫悟飯 さん 2001年12月15日<土>00時34分

David LanzさんのCD、都内中探し回っていますが見つかりません。秋葉原の石丸レコード店で調べてもらったところでは、廃盤だそうです。どなたか、入手先ご存じではないでしょうか?

まとめてお返事すいません。

つかもと 2001年12月16日<日>02時42分

◆圓城三花のカノン
永年の夢の実現、おめでとうございます!
もうそろそろ届いた頃でしょうね。

◆shelaさんのクリスマス・イブ
歌詞つきのトラックだとそんなに目立たないのですが、カラオケトラックだと、
意外に思いっきりアレンジしてあるなって感じがしました。
2年前にYU-RAさんがSNOW DOLLという、思いっきりカノンコードな曲を歌っていましたが、
そのときのインストルメンタルと雰囲気がそっくり。

◆クリスマスつながり
カノンがクリスマス関連CDに入っているのは日本だけではないです。
むしろ山下達郎さんのほうが逆に取り入れたのではないかと。
どこかの映画のクリスマスの場面かなんかで使われたんでしょうかねぇ?
デビッド・ランツも、クスコも、その他大勢の人達も、普通にクリスマス関連CDに
収録してるんですよねぇ。

◆デビッド・ランツのCD
「至点」の入手は厳しいでしょう。海外のオークションのサイトでは時々
(年に1・2回くらい)出品されているのを見かけます。
「An Evening With ...」はまだまだ新しいので、通販でなら普通に入手できる
のではないでしょうか。HMVとかAmazonとかCDNOWあたりで探してみてください。

# 最近家族がうるさいので、アメリカから郵便物を送ってもらうのを
  自粛している今日このごろ...(^^;

◆レーデルのカノン
94年のしか持ってなくて、僕はわかりません。
弦楽版のシャコンヌもすごく面白そうですね。

David LanzのCD

孫悟飯 さん 2001年12月16日<日>22時29分

つかもとさん、情報有り難うございました。
デビッド・ランツの作品入手、もっと努力してみます。

カノンの姉妹曲

感音 さん 2001年12月16日<日>23時12分

つかもとさん、お返事ありがとうございました。
さて、カノンに姉妹曲があるのをご存知でしたでしょうか。といっても私が勝手にそう思っているだけの話なのですが。
今から20年ほど前ラジオで耳にした曲が、いわゆるカノン・コードを基本としたグラウンド・バス書法で書かれたものだったので、それ以来カノンの姉妹曲としてマイ・ブームが続いております。
その曲とは、ヘンデルのオルガン協奏曲第11番ト短調作品7-5の第2楽章アンダンテ・ラルゲット・エ・スタッカート(変ロ長調)です。ヘンデルはパッヒェルベルのカノンを知っていたのでしょうか? そんな疑問を抱かせるほど両者は似ているところがあります。先ほどのカノン・コードを基本としている点、さらに、曲の冒頭でオルガンによりグラウンド・バスが提示された後、弦楽器がユニゾンで28回それを繰り返し、その上をオルガンが自由に奏でいく点などです。とにかく一度聴いてみてください。私はピーター・ハーフォード(Org)、リフキンのもの(デッカ)を聴いています。
それと余談ですが、ヘンデルのグラウンド・バス書法の曲で特に気に入っている曲がもうひとつあります。2つの合奏体のための協奏曲第2番へ長調の第5楽章アレグロ・マ・ノン・トロッポです。やはりカノン・コードに近いものを感じさせます。
また、イージー・リスニングが人気を集めるようになった1970年頃にはやった「ふたりの天使」(女声のスキャットが印象的なバロック風の曲)の作曲者サン・プルーの「かりそめの恋」もカノンを意識した曲で面白いと思います。
ご感想をお待ちしています。

こんにちは

YATOO さん 2001年12月19日<水>11時37分

二ヶ月ぶりくらいにこちらへ参りました。
突然ですが、明日12月20日に自分のサークルの定期演奏会をいたします。カノンも演奏しますのでもし時間があったら聞きに来ていただけると有難く思います。

 早大ギタークラブ第39回定期演奏会
時;12月20日 18:00〜21:00
所;埼玉県川口市リリア音楽ホール
  京浜東北線川口駅前
曲目 小フーガ/バッハ
   カノン/パッヘルベル
   死の舞踏/サン=サーンス 等 入場無料

クラシックギターによる合奏です。拙い演奏ですがよろしくお願いします。といっても前日に書いてちゃキビシイですよね(;^^)> 突然来てこのようなことを書きまして失礼いたしました。

静と動

感音 さん 2001年12月20日<木>22時32分

議事録を見ていましたら、01.4.22Shiraさんのレーデルのエラート盤に関する記述を見つけまして、同じ思いの方がいらしたことに喜びを感じるとともに、この演奏はもっと広く聴かれるべきものであると強く感じました。
しかし、その前日のあおやまさんの「パイヤール・1983/2月版が決定的です。」が何やら気になります。パイヤールのスローな68年は品のある繊細な演奏でよく聴いていましたし、89年も持っていますが、83年は知りませんでした。聴きたいですねえ。
それと、つかもとさんの「カノンのさび」も読みました。たしかに、通常の演奏では終盤が盛り上がりません。でもレーデルのエラート盤は、47小節目の1st.Vnの第2音目以降(2nd、3rdも順次)を実音とオクターブ上の音とを重ねて弾かせることで、ひとつの解決策を提示しています。パイヤールも部分的に同様のことを行っているようですが、私はレーデルのコントラストに富んだ厚みのある響きに魅せられます
パイヤールを「静」とするならば、レーデルは「動」といえるのかも知れません。

激似!

つかもと 2001年12月24日<月>02時56分

感音さんの教えてくれた、ヘンデルのオルガン協奏曲ト短調作品7-5(HWV310)
も収録されている、トン・コープマンが演奏しているCDを入手して早速聴きました。
予想以上にカノンに似ていましたね!曲名を知らされずに聴かされると、
本当にカノンのアレンジ曲のように聞こえます。弦楽の繰り返し演奏のメロディーも
オーケストラ編曲版でしばしばヴィオラが奏でるそれにそっくりですし、
オルガンのパートのところどころについても、カノンに似たメロディーを
みいだすことができます。
教えて下さってありがとうございました。
J.S.バッハと同い年生まれのヘンデルですから、パッヘルベルと時代的には近いですね。
当時パッヘルベルの弦楽曲が有名だったのかどうかは疑問を感じるので、
ヘンデルがこれを作曲したのはただの偶然だったんじゃないかと勝手に推測していますが、
なにぶんヘンデルの詳しいことはよく知らないので、今後機会があったら
調べてみたいと思います。

購入

ボム助 さん 2001年12月25日<火>13時23分

買いました!ブラボーミュージッククリスマス版。
メドレーモードに入っているカノンですが……イージーでやっているのにメドレーモードにすら入れない(汗)一応最初から出来る6曲はクリアしたんだけどねぇ。


次の月へ >>

議事録(過去ログ)の目次へ戻る。

Pachelbel Street へ戻る。


Produced by Hideo Tsukamoto