Pachelbel Street Forum 議事録 [ 1999年7-8月 ]

BBS開設

webmaster  99年7月24日<土>15時48分

パッヘルベルのこととか、こんなところにカノンが使われていたとかの情報を共有できると幸いです。
みなさんよろしく。

(お約束で)はじめまして。

kazun さん 99年7月27日<火>02時19分

いよっ!こんなボ−ド、まってました!!
\(^0^)/あ、失礼・・・。(興奮気味)
これから、ちょくちょく、出入りさせていただきます。・・・

カノン・コレクション

hide-w さん 99年7月27日<火>06時33分

 はじめまして。掲示板開設を機に一言書かせていただきます。

 「パッヘルベルのカノン」は人類の音楽史上最高の名曲だと秘かに思っています。私自身の中でこれを越えるような名曲は存在しません----おそらくこれから先も。この深く美しく調和するメロディに魅せられて10年以上になりますが、その間多様なアレンジにも興味を持って何点か集めて参りました。そんな折りにこのページに出会って衝撃を受けました。私のコレクションの倍以上の情報が見事に整理されていたからです。このような有意義なページを公開していただきありがとうございます。早速新たなCDを入手しました。その中ではとくに David Lanz の演奏がすばらしく、感動しました。他にも興味あるCDが何枚もあったのですが、残念ながら廃盤だったり、経済的な余裕がなかったりして、その後はほとんど進展していません。

 ところで、TV−CM等におけるカノンの使用頻度は非常に高く、それらに関するメモが多少残っているので、またの機会に書きたいと思います。

はじめてのカノン

webmasterつかもと  99年7月27日<火>19時24分

 僕にとってのカノンとの初めての出会いは、20年くらい前のTVCMでした。
 今はどっかに消えてしまいましたけど、テレビのブランドで「キドカラー」というのが
昔あって、そのキドカラーの画面の中で王選手(!)のスイングがスローモーションで
映っていて、そこに弦楽の静かな曲だけが静かに流れているというものでした。
クラシックに特に興味のない小学生にも強烈に印象に残ったその曲が「カノン」と
いう名のものだと知ったのは、数年後の「名曲アルバム」の中でした。

こんにちは

KEY さん 99年7月29日<木>12時14分

こんにちは!EPCの者でございます。
ついにここにも掲示板が・・・・。
カノンについては良く分からないですが、
これからもこのページの発展をお祈りしております。
それでは、次は合宿で会いましょう。
また書き込みに来ますね。

質問、いいですか?

ト音記号 さん 99年7月30日<金>02時03分

はじめまして。
いきなり、質問してもいいでしょうか?

パッヘルベルのカノンは、よく結婚式など(披露宴)などで
BGMとしてよく聴かれる1曲ですよね?
それって、なぜなんでしょうか?
ご存知の方、いらっしゃいますか?

カノンの二面性

hide-w さん 99年7月30日<金>07時10分

 パッヘルベルのカノンは結婚式のBGMばかりでなく、卒業式のBGMとしても定番です。また、葬式(TVニュースで放送されるほどの有名人)のBGMとして使われたこともあります。私はパッヘルベルのカノンに、「涙」のような要素を感じます。つまり喜びと悲しみの二面性があるということです。結婚式BGMはカノンのもつ「喜び」の雰囲気を活かした使い方なのではないでしょうか。

なんて映画でしたっけ。

webmasterつかもと  99年7月30日<金>22時57分

あんまり昔のことはよくわからないんですが、60年代頃の
洋画の「夫婦」とかって映画のテーマ曲に使われていたって
聞いたことがあったように思います。

はじめまして

mu さん 99年8月1日<日>12時40分

はじめまして
パッヘルベルのカノンをアレンジした曲を
2年ほど前に聞いたことがあり、それを探していたら
このページにたどり着きました。
カノンが色々アレンジされているのは知っていたのですが
ボーカル入りの物がこんなに
たくさんあるとは知りませんでした。
ですから私が捜していた曲もどれだか解りません(^_^;)
カノン自体とっても好きなので、ページに載っている
CDを地道に捜して行きます。

(無題)

webmasterつかもと  99年8月1日<日>20時56分

特徴とか教えてくだされば、ひょっとしたらアドバイス
できるかもしれませんが...>muさん

ありがとうございます

mu さん 99年8月2日<月>22時44分

つかもとさん ありがとうございます\(^−^)/

確か男性が普通に歌っている洋楽の
間奏でパッヘルベルのカノンが流れてくるんです。
このくらいしか憶えてません(^_^;)

でも2年前にに通っていた学校のロビーで
しょっちゅう流れていたんです。(おそらくテープ)
今思えばあの時に調べればよかったと思います。
こんなに好きな曲になっているとは
当時は思いもよりませんでした。

男性が普通に歌っている洋楽...

つかもと  

● 山下達郎のは日本語で歌っているので多分洋楽とは言わない。間奏だけカノンなのはばっちりですが...
● SLAVAとGlenn Yarbroughは「普通」に歌っているとは絶対言えないし。
● 「普通」の範囲にラップが含まれるのであれば、COOLIO、MALI、MENELIKの3人ですね。
 COOLIOは3つの中では最もポピュラー。曲ははっきり言って Dragon Ash の Graceful Days とそっくり。Dragon Ashが後から出したんですけど。
 Menelikはフランス語だし。
 この3つの中で、学校でもしも流れるとしたらCOOLIOでしょう。万一放送担当者がアニメファンだったらMALIかもしれませんが。

 僕が持っている中では以上ですが、あと数曲他の方から情報をいただいていてまだ聴いていないのがあるので、そちらのほうの可能性も大 ^ ^;ゞ。

 もともとボーカル関係は苦手なので、他の方のご意見もお伺いしたいのですが。

COOLIO と Dragon Ash

hide-w さん 99年8月3日<火>23時34分

》COOLIOは3つの中では最もポピュラー。
》曲ははっきり言って Dragon Ash の Graceful Days
》とそっくり。Dragon Ashが後から出したんですけど。

 ほんと似ているんですよね。
誰かに言いたかったんですけど、COOLIO の方はあんまり知っている人がいなくて・・・

未確認情報

hide-w さん 99年8月3日<火>23時53分

"HOOKED ON RHYTHM AND CLASSICS" より引用{
1969 年にはフランスのレーモン・ルフェーヴルが編曲「涙のカノン」というタイトルで映画「夫婦」の主題曲となった。他にブライアン・イーノ、ヴァン・ダイク・パークス、チャールズ・フォックス、フリートウッド・マックなどもこのメロディを使っている。


私が確認したのはヴァン・ダイク・パークスのみですが、これは騙されました(^^; つかもとさんが紹介ページで書かれているとおりです。

Vocal 入りのカノンでは10年くらい前「飛鳥」(日本郵船)のCMで使われていたものが印象的でした。残念ながらCM用の特別編曲だそうです。詳細はまたの機会に書きます。

ありがとうございます!coolioでした!

mu さん 99年8月4日<水>20時11分

今日さっそくcoolioのCDを買ってきたのですが
まさにこの曲でした!
なんとなく昔聞いたのとは印象が変わってしまって
いたけど、これも自分の変化かな?と思いました(^_^;)
とりあえず失敗が怖くてcoolio の「MY SOUL」では
なくてMAX4の方を買いました。
友達には「MAX買うなら、どうして中古にしないの」
と聞かれました(^^); よっぽどあせってたのかなぁって思いました。

この曲を捜していただいて本当にありがとうございました。
これからもたくさん良い「パッヘルベルのカノン」の曲に
ふれられるといいなぁって思います。

はじめまして・・。

GTS さん 99年8月5日<木>00時03分

はじめまして、GTSと申します。
私も、「パッヘルベルのカノン」が大好きです。いろんなカノンを集めてCDを焼いたりしてます。でも世の中にはまだまだたくさんの「カノン」あるのをこのHPで知りました。これからも、いろんなカノンに出会いたいです。
 ところで、この「パッヘルベルのカノン」を元に作られた合唱曲「遠い日の歌」を皆さんはご存知ですか? とても、良い歌ですよ・・。

遠い日の歌

つかもと  99年8月5日<木>01時58分

今は中学の音楽の教科書に載ってたりするんですよね。
僕が中学生の頃は、まだ載っていなかったけれど...
CD買おうと思ったら、学校の音楽の教材のしかなくて、
結構高いんです。
 今は知り合いの人の娘さんが合唱コンクールで歌ったときの
テープしかないんです。

遠い日の歌

GTS さん 99年8月5日<木>23時53分

 そうなんです。私の中学校時代の教科書(10年前)には載ってました。それをきっかけにカノンを知りました。
 「遠い日の歌」のCDがあるんですか・・。でも、高いんですか・・。誰か歌手の方で、CDとか出さないかな・・。
「遠い日の歌」のMIDIデータでしたら、幾つか持ってますがカラオケ代わりにはなります。

遠い日の歌

hide-w さん 99年8月7日<土>00時36分

 このページで「遠い日の歌」の存在を知って MIDI DATA をいくつか聞いてみました。これが中学校の合唱曲として歌われるならすばらしいことですね。パッヘルベルのカノンを活かして見事にアレンジされていると思いました。

 透明感のある詩も good! ところで私は昔カノンに詩をつけたことがあるんですが、その時も「このメロディを胸に・・・」というフレーズを使ったりして、なぜか再帰するような詩になりました。パッヘルベルのカノンに詩を付けるときは「カノンそれ自体をテーマにする」傾向がありますね。

 私の時代、小中学校の唱歌で良かったのは「大地讃頌」「あの素晴らしい愛をもう一度」くらいで、残念ながら「遠い日の歌」はありませんでした。

★「遠い日の歌」参考 Web

http://www.lares.dti.ne.jp/~hidemaru/midi.html - Piano
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nalcy/mid3_a.htm - WRD付
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~ja502969/midi.html
http://www.win.ne.jp/~masyan/jap/midi/chorus.html

続・遠い日の歌

GTS さん 99年8月7日<土>01時28分

本当にすばらしい合唱曲だと思います。
hide-wさんが紹介したHPから「遠い日の歌」を
ダウンロードしてきて聞いてみました。それぞれ
データを作った人の気持ちが現れているような気がします。
私も何年か前にアレンジして作ってみたのがあるのですが、
何分、自分のHPがありませんで誰にも聴かせていません。
よかったら聴いてくれませんか?

教えて下さい。

ゆうすけ さん 99年8月7日<土>16時49分

はじめまして、中学の夏休みの宿題でパッヘルベルについて
調べていて、このHPにたどり着きました。残念ながら本人の顔が知りたいのですが判りません、どなたか参考になるHP
資料等ありましたら教えて頂けませんでしょうか?

パッヘルベルの肖像画

つかもと  

僕が持っているCDの中身を見てみたところ、取りあえず
見つかりませんでした。
以前どこかの海外のサイトで、バッハみたいに太ってなくて
そんなに色気の無さそうなおじさんの絵を見たことがあった
ような気がするのですが...

ジーグよりも有名な曲?

つかもと  99年8月11日<水>00時33分

 カノンは、もう1つジーグって曲もくっついて1つの曲なわけで、パッヘルベルの有名な作品といえば「カノン」。300歩ぐらい譲って「ジーグ」。さらに1kmぐらい譲って「シャコンヌ」なんじゃないかと、僕は思ってました。
 昨日パッヘルベルのオルガン曲(5分以下の短いのばかりの)ばかり載っている楽譜を入手しました。で、見てびっくり! 「フーガ ハ長調」という曲(と言っても何曲もあるのですが、そのうちの1つ)は、すごくどこかで見たことのある曲。似てるなんてものではなくて、まさにそのもの。誰かがピアノの練習曲で弾いているのをあちこちで何回も聴いたことがあります。バッハのインベンション第1番にちょっと似た感じなのですが、
 ドレミファソレソファ|ミーーーレーーー|ー↓ソドラシファミレ|ミーーー
 (文字1つで8分音符1つぶん。無理がありますね ^_^; )
という、対位法のお手本のような曲。
 この曲だったら絶対カノンに迫るくらいの知名度があると思うんだけど、きっと作曲者が「カノン」と同じパッヘルベルだとは思われてないんだろうなぁ。少なくとも僕は、他の人がピアノで演奏しているのを何度も聴いたことがあるんだけど。

サイコ・ベイビ−ズ

kazun さん 99年8月19日<木>00時27分

失礼します。一昨日、某CDショップで検索を
かけていたら、「カノン」で引っ掛りました。
J−POPらしいのですが・・・
詳細ご存知の方、おられますか?

サイコベイビ−ズ続報

kazun さん 99年8月23日<月>02時39分

パッヘルベルのものとは関係ありませんでした。

「カノン」は難しい

つかもと  99年8月24日<火>23時10分

僕の経験からすると、海外のオンラインCDショップで検索
してみると、単に「canon」だけの題だと1/3くらいは
パッヘルベルのとは無関係
なものですね。逆に「canon in D」
ならほぼ100%パッヘルベルのもの。

コンサート

そね さん 99年8月25日<水>23時03分

 こんにちは。カノンは好きです!
特にカルテットものが好きです。しみじみしてて
素朴なとこが好きです。
 ところで、みなさんはカノンが演奏されるコンサート
に行ったこと有りますか? 僕は今年の6月に行ってきました
生で聞くのはやっぱり良いです。演奏者の方の動き、表情とかも
なんか心に伝わってきました。

らら〜

しゅんくん さん 99年8月28日<土>01時09分

 すみません。
初カキコでいきなり質問で悪いのですが、
ホルンソロでのカノンのCD、
誰か知っている方いらっしゃりませんか?
めっちゃ聞いてみたいんです。お願いします。

とうとう小室哲哉まで

つかもと  99年8月28日<土>21時35分

小室哲哉のプロデュースしているTrue Kiss Destination がパッヘルベルのカノンをフィーチャーした曲を出しました。
8月25日発売の「Eveybody's Jealous - Mixture with Canon in D」です。

日本人で次にカノンを出すのは、実は密かに深田恭子だと思っていたのですが...^ ^;

ホルンでのカノン...

つかもと  99年8月29日<日>00時02分

しゅんくん(さん?)>
残念ながら今のところ僕のコレクションの中にホルンの頑張っているやつは無いです。
せいぜいカナディアンブラスの人たちがトランペットと交代交代でメロディーを受け持っている、というあたりで。

探してます

Kei さん 99年8月29日<日>02時02分

COOLIOとMALIはどちらが原曲に近いのでしょうか?
私も2年前に聴いたラップのカノンを探しています。
今日COOLIOを聴きましたが、ちょっとその時聴いた曲と違うように思いました。

Re: とうとう小室哲哉まで

hide-w さん 

Grateful Days のヒットに刺激を受けたんでしょうか。
小室哲哉がカノンを使っても不思議はないのですが、タイトルに Canon と入れているのは正直驚きですね。早速今日買いに行きます。

》僕の経験からすると、海外のオンラインCDショップで検索
》してみると、単に「canon」だけの題だと1/3くらいは

つかもとさんの情報収集の秘密が分かったような気がしました。

--

ところで、最近私の周辺でも「遠い日の歌」や「エヴァンゲリオン」などの影響でしょうか、カノンという曲名自体が有名になりつつあります。カノンおたくとしては嬉しいような寂しいような・・・

ポップス調のカノン

hide-w さん 99年8月29日<日>06時04分

つい最近の話ですが、富山に旅行に行ったとき古本屋(Bookoff)でボーカル入りのカノン(洋楽)がかかっていました。店のアルバイトの人に聞いたら「有線だから分からない」と言われてしまいました。ポップス調のアレンジでしたが、全曲カノンでいい感じでした。

実はその後、古本屋の2Fにあるボウリング場で COOLIO がかかっていたので、有線に「カノン専用チャンネル」というものがあったりするのでは?と秘かに思いました。

何か手がかりになる情報を教えて頂ければ幸いです。

7/29のKEYの友人より

いもり さん 99年8月29日<日>21時08分

どもども、EPC電機工作班班長の「いもり」です。
(ここまで言っちゃあ名乗ったも同然だ)
KEY同様カノンについてはよう分かりませんが、
そろそろ夏休みもあけてしまうので(?)頑張って下さい。

まとめてレス。

つかもと  99年8月29日<日>22時43分

Keiさん>
COOLIOは3〜4、7〜8、19〜20小節目をバックに使っているだけ。
MALIはよりナチュラルなバイオリンの音で、カノンのほぼ全体を使っています。
よって、MALIのほうが原曲に近いと言えるのではないでしょうか。ただし、クーリオの曲もいくつか違うバージョンが存在するので...

hide-wさん>
>つかもとさんの情報収集の秘密が分かったような気がしました。
最近はCDのオンラインショップでの検索が多いですね。
あと、CD屋に入り浸って、面白いカノンを作りそうな人をマークすること。
 小室哲哉も、以前「マドモアゼル・モーツァルト」等のクラシックを意識した曲を作ったり「Boys Meets Girls」(TRF)等の、例のコード進行を利用した曲が多く見られるので、気にはしていました。今回のは、他の方からの情報で発売を知ったのですが...
 今個人的にマークしているのを少しだけ紹介すると、最近シングル曲を出すようになりラジオ番組でもカノンをピアノ演奏した深田恭子、やはり「おさる」がカノンのファンだというアニマル梯団(もし出れば(笑))、ポップなバイオリン演奏でバッハやビバルディの曲を既にカバーしているヴァネッサ・メイなどです。
あとは、来年バッハの没後350とかでバロック全般が盛り上がってくれないかなぁ、と。

いもりくん>
宿題終わった?

(無題)

つかもと  99年8月29日<日>22時49分

↑ TRFの曲を単数形複数形ごちゃごちゃに書いちゃいました。

小室哲哉のカノンを聞く

hide-w さん 99年8月29日<日>23時52分

 今日早速CDを入手して聞いてみましたが、正直言って期待はずれでした。なんの変哲もないカノンを所々に貼り付けただけで、まとまりのないアレンジでした。なんか「夜もヒッパレ」のライブみたいな感じ(^^; 小室哲哉ならポール・モーリアっぽく大胆にアレンジすることも可能なはず、はっきり言って今回の作品は手抜きでしょう。

 同時に入手した『LET ME HEAR YOUR VOICE』(高橋洋子)は小室哲哉とは対照的な使い方をしていて、 good でした。KDDのCMの時は「CM用の書き下ろしでCD発売の予定なし」とアナウンスされていたような気がするんですが、とにかくもう一度聞くことができて良かったです。

おさるの特技

hide-w さん 99年8月30日<月>00時08分

》「おさる」がカノンのファンだという

 「筋肉番付」の特番で古館伊知郎がおさるの紹介の時に「趣味はバイオリン、得意な曲はあのパッヘルベルのカノン」というように言っているのを聞いたことがあります。かなりインパクトがありましたね(^^;

》例のコード進行を利用した曲が多く見られるので

 曲の善し悪しを判断するときにはコード進行が非常に重要みたいです。私の場合、例のコード進行を使った曲はみんな名曲に聞こえてしまいます。

ひとことだけ

しゅんくん さん 99年8月30日<月>01時08分

 つかもとさん、レスありがとうございました。
今度、自分で探してみますね。
見つけたら報告します。
それではっ

小室哲哉のカノン

つかもと  99年8月31日<火>00時03分

 僕もカノンを使っていない3曲目のほうが出来がいいと思います。
 1曲目のほうはシュトゥットガルト室内管弦楽団のカノンと他の演奏・歌詞とミスマッチなようにも思えるのですが、「何でわざわざサンプリングだけで済ませたんだろう」と考えながら30回ぐらい繰り返して聴くと、かえって病みつきになっちゃったりして...
 1曲目の意味合いとしては、閉塞化してしまった社会で行き場を見失ない、具体的な有効な手段をまだ見つけられずに、穏やかなバロック曲に解答を求めてみたというところなのでしょうか。もちろん答に辿り着いていないんですけど。その意味で僕としては、Grateful Days以上にSWEETBOXのEverything's gonna be alrightの色彩を強く感じます。数年前の風が南へと心をときめかせているようなものよりは、良くも悪くもいろいろ評論しやすい曲ではありますね。
 ただ次はカノンを使だけではなく正面切ってカノンそのものを料理してほしいと、僕も思います。

Re:おさるの特技

つかもと  99年8月31日<火>00時04分

古館伊知郎は「パッフェルベル」と発音していましたね。

小室哲哉のカノン

hide-w さん 99年8月31日<火>07時48分

》 1曲目のほうはシュトゥットガルト室内管弦楽団のカノンと

 私は「サッポロがぶ飲みミルクコーヒー」のTV−CMが頭に思い浮かびました。(^^;
あれもシュトゥットガルト室内管弦楽団なんでしょうか。

》 1曲目の意味合いとしては、閉塞化してしまった社会で行き場を見失ない、

 確かに、カノンの中でもとりわけ印象的なメロディを執拗に繰り返すことである種の閉塞感を表現しているような気はしますね。小室哲哉の詩はほとんど聞いたことありませんが音楽的にそう感じました。

--

》最近シングル曲を出すようになりラジオ番組でもカノンをピアノ演奏した深田恭子

具体的にはどういう状況で、どんな演奏だったんでしょうか?
実をいうと私はカノンをピアノ(またはバイオリン)演奏することが夢だったりするのですが(^^;

(無題)

つかもと  99年8月31日<火>12時49分

>私は「サッポロがぶ飲みミルクコーヒー」のTV−CMが頭に思い浮かびました。(^^;
>あれもシュトゥットガルト室内管弦楽団なんでしょうか。

テレビだと「がぶ飲みしたいとき〜!」という声が大きすぎて分かりませんね。
よく聞いてみると、セリフとBGMと全然合っていないようで、実はテンポとかぴったり合ってたりします。

>》最近シングル曲を出すようになりラジオ番組でもカノンをピアノ演奏した深田恭子
>具体的にはどういう状況で、どんな演奏だったんでしょうか?

僕も番組そのものは聴いていなかったのですが(6月下旬)翌日のスポーツ誌やワイドショーで取り上げられていました。
彼女が持っているラジオ番組中で、ピアノ演奏を初披露、彼女の最も好きな曲の一つとしてカノンを演奏したようです。


次の月へ >>

議事録(過去ログ)の目次へ戻る。

Pachelbel Street へ戻る。


Produced by Hideo Tsukamoto