ステレオペアとは?

次ページ 目次 Home Page

 例えば次の図のように、似たような2枚の絵(または写真)を適当な間隔に並べたものをステレオペアと言います。この2枚の絵はよく見ると左右で少し違っています。普通に見ていても何の変哲も無い絵ですが、平行法とか交差法など呼ばれる方法で見ると、まるで絵ではなく実物であるかのように浮き出して見えてくるのです。

ステレオペア例(平行法)

いきなり立体的に見えなかった人も、
まずは立体的に見える原理を。

 まず、右目をつぶって左目の前に奥行きのある物(フロッピーディスクのケースとか)を持ってきてください。例えばこんな風に見えますね。

左目で見ると
で、その物と自分の顔の位置を動かさないようにして、左目を閉じ、右目を開きます。物はどのように見えますか?
右目で見ると
こんな風に、同じ物でも違ったように見えるでしょう。実はこのように、われわれが1つの物を見ていると言っても、右目と左目とでは違って見えているのです。普段は頭の中で、無意識のうちに両目の映像を1つに合成して「物が見えた」ことにしているのです。そして、右目の映像と左目の映像とで大きくずれているものを「近くにある物」あまりずれていないものを「遠くにある物」と判断しているのです。

「平行法」と「交差法」

 さて、そういう原理に基づくと、実物が無くても右目用の絵と左目用の絵とを用意して、それぞれの絵を別々の絵で見せてやればよいことになります。右に置かれた絵を右目で、左に置かれた絵を左目で見て立体視する方法を平行法といい、右の絵を左目で、左の絵を右目で見る方法を交差法といいます。平行とか交差とかいうのは、絵とそれを見る目とを結ぶ線が、右目用と左目用とで交差しないか交差しているかということからきています。
 それぞれの特徴は、
平行法 ・目に余計な力を入れずに済むので、楽に見ることができる。
・あまり大きな絵は見えない。
交差法 ・寄り目にして見るので、目が疲れる。
・大きな絵でも見ることができる。
という具合です。平行法で見ることのできる絵の大きさは、せいぜい目の幅の6cm程度と言われていますが、実際は、慣れるともう少し大きな絵でも見られるようになります。

平行法で立体視する方法

 交差法は僕も苦手なので (^ ^;) 平行法でステレオペアを見る方法です。

注意:下の図はあくまで概念図であり、ステレオペアにはなっていません。

その1
 このようなステレオペアがあったとします。
 まず、目の力をだんだん抜いていきます。図に焦点が合わないように抜いていくと、
その2
 このように1枚の絵も2重にぼやけて見えてきます。
 もっと力を抜いていきます。
その3
 もうちょっと頑張って力を抜きます。
その4
 ぼやけた4つの絵のうち中央の2つが重なるようにします。この中央のものが立体的に見えるのです。(ちゃんと重なるように、場合によっては顔を少し回転させてやることも必要です)

 慣れるまでは、2枚の絵の間に無地の厚紙を立てて見るのも有効です。


次ページ 目次 Home Page

Produced by Hideo Tsukamoto